ED(勃起不全)についてよくある質問【追加】

年を取るとED(勃起不全)は避けられないの?

勃起に関するあらゆる障害は高齢者にはより頻繁に起きるのは事実です。

ただし、老化自体は原因ではありません。

そして、年を重ねていくことはセックスをあきらめることを意味するものではありません。

90代の男性でさえも、性的に活発なことがあります。

以前、面白い話を聞いたことがあります。

年金受給日にはEDジェネリック医薬品の注文と風俗店の予約が増えるらしいです。

年金受給層でもそのくらい元気があるし、性欲は衰えないということですね。

現代は医薬品も発達してますので、死ぬまでセックスを楽しむ権利と方法が存在します。

EDを加齢のせいとして、可能性を放棄してしまうのはもったいないです。

 

バイアグラなどの特効薬がない時代はEDはどう解決してたのですか?

初めて聞く場合は、笑っちゃうかもしれませんが、ポンプとも呼ばれる真空勃起装置を使っていました。

名前の通り、専用のポンプを使って陰茎に血液を引き込むことで勃起を促すのです。

患者は自分のペニスの周りにプラスチックのチューブを置き、空気を汲み出します。そして、シリンダーを締め、陰茎に血液を溜めるのです。

また、ポンプが機能しない場合、ペニスインプラントというものもあります。

 

ED薬を服用すれば、望みどおりに勃起することができますか?

シルデナフィル(バイアグラ)、タダラフィル(シアリス)、バルデナフィル(レビトラ)などの薬は、興奮しているときにのみ作用します。

ED(勃起不全)に悩む男性は、最初にこれらを試してみることをお勧めします。

これらのお薬は勃起に悩む男性のうち10人中約7人には効果がありますし、最初は医師の指導の下で試してみる価値があります。

医者に相談することに恥ずかしいと思う必要はありません。

実際にクリニックに行ってみるとわかるのですが、淡々と事務作業のようなカウンセリングの後にさくっと処方される場合がほとんどです。

私の知り合いでも「なーんだ、早くお医者さんに相談しておけばよかった」とおっしゃる方ばかりです。

 

EDにもいろいろと原因はありますが、一番の理由を挙げるとしたら?

一番の理由を挙げるとしたら、現代のストレスフルなライフスタイルに行きつく場合が多いと思います。

例えば、ストレス解消のために飲むお酒はあなたを気分にさせてくれるかもしれません。

しかし、飲み過ぎや頻繁に飲むと、勃起にブレーキをかける可能性があります。

タバコも同じです。

健康的なライフスタイルは、寝室であなたを助けます。

だからあなたがよく食べて、運動し、十分な睡眠を取って、ストレスを管理してください。
 

性行為のときは立ちませんが、朝立ちはします。EDですか?

実は睡眠時には勃起不全の男性も勃起します。

本人は気づいていない場合もありますが、重度なEDで悩んでいる男性でも睡眠時にペニスが硬くなっていることはよくあります。

それは、通常、EDの原因がストレス、うつ病、または心に関係するものであることを意味します。

夜間の勃起がない場合、EDにはおそらく物理的な原因があります。

心因性EDの場合は、その原因を知り、取り除くことで解決しますので、医者やカウンセラーに相談してみてください。

もしくはあらゆる環境を変えてみるのもストレスから解放されることが多いです。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です